Thursday, December 21, 2006

超くだらない年金制度

 50年先に日本の人口が9000万人になる。で年金制度が破綻する。で増税が必要だ。そうである。
 50年先がおみ透視とはすごいことではないか。50年前に今日あるを予想して欲しかったものだ。コンピューターの高性能化でそんなことが可能になったのかな?たんに出生率を1、26に変えて単純計算しただけですけど。
 この計算によると1000年後の日本の人口はとっくにゼロをとおり越している。年金問題解消だ。ということで増税なし。という結論を導き出してもよいのでは。
 北朝鮮が10年後に核ミサイルを10発日本に打ち込んだとする。人口も激減するが、産業基盤も壊滅。年金問題どころではなくなる。年金問題解消。のようなシナリオもある。
 政治家先生や、役人どもがなぜ年金にこだわるのか。それは彼らの泥棒根性から来ている。税金でも年金でも庶民から巻き上げて自分たちが采配できるようにするためである。 50年先などという悠長な話ではない。彼らがいい思いをする今日、明日、数年先のためなのだ。
 小さな政府といいつつ年金にこだわるのは彼らのおいしい餌場であるからだ。だから増税など一切させてはならない。今ある税と、特別会計でまかなえ。
 今ある会計で年金制度が破綻し、老人たちが累々と死んでいく中で、毎年の防衛費6兆円は何のためにあるのか。 米軍移転費3兆円とか言う話もある。ミサイル防衛1兆円とか言う話もある。
 道路特定財源で道路を作りつづけるのか。それならばその立派な新しい道路の先に、超箱物のピラミッドを造り、老人の累々たる死体を放り込めばよい。
 国家とその超くだらない年金制度を順守して死んでいった老人たちの英霊。 その慰霊祭は靖国神社にお願いすればよいのではなかろうか。

2 Comments:

Blogger めがね said...

増税する意味が全くわかりませんし、説明になっていですよね。

何時までも同じペースで同じ事業を行う必要性があるはずありません。

高速道路の無料化に対して国は何と回答していたか覚えていますか?赤字だから出来ないといっていたのです。後述

1.公共工事に利益を求める必要性は何処にも無く効率を求めなければいけない点を明らかに履き違えている。
2.税金をつかった事業を民間市場に流れこますのは、一応の自由主義経済にたいしてのルール違反です。(国立大学や郵政公社などなど)民間が勝てるわけありませんその金を分散させて事業融資するのが本筋です。
3.少し違いますが、昨今の大型企業買収(たんなる合併)は、独占禁止法違反もいい所です。誰も突っ込まない。阪神・阪急なんて既に新規参入がホボ不可能な業界でカルテルを強め其れを許す公取委 腐ってます。参入障壁が重要だなんて経済学で言ってることと法律は別問題です。

後述続き
民営化された途端に黒字です。もう舐めきってますね。
http://www.e-nexco.co.jp/ir/financial/
なんで突っ込みが入らないのか

6:44 AM  
Blogger sady555 said...

アクロバットをわがパソコンに導入するのが至難の業で。w決算内容を読むにいたらず。まあ、腹を立てる回数が一回減ったと思えばいいかなと。w

10:00 AM  

Post a Comment

<< Home