Sunday, January 07, 2007

お手洗い貸していただけますか

 日本経団連というものがありますそうで。ここには日本の一流企業の社長さんや会長さんが集まっておられる。そんな偉い人たちが集まってなにしはんねんやろなーと思うてましたら日本の将来を考えてくださる。たぶん無料で作っていただいたと思うのですが、
「希望の国、日本 御手洗ビジョン」と称しまする、今後10年間の日本が目指すべき将来像だそうであります。このビジョンに従って政治をすればキャノンや、トヨタのように、日本のお国も世界に冠たる一流国家になるということなんでございましょうね。
 で、中身はと申しますと、消費税は2011年度までに2%引き上げる。また、国の債務残高の対国内総生産(GDP)比を安定させるため、2012年度以降から2015年までの間に、消費税をさらに3%程度引き上げるか、社会保障以外の歳出を毎年4.6%程度削減することが必要、らしいので御座います。
 なんか小難しいのですが、突き詰めれば増税か、歳出削減かということなんで御座いましょうね。歳入に従って歳出を切り詰めて居れば借金が減るというのは考えてみればアホでも分かることですがね・・・
 ところが分からんのはこうして日本の将来を心配して立派な提言をしてくださるキャノンの会長様の会社がですよ、偽装請負で告訴されておる。前の経団連会長の奥田会長のトヨタも同じことをしておる。日本を代表する企業のキャノンやトヨタがそんなことをしているとなれば、日本中の企業がそういう誤魔化しをやっていると思うのが当然ですが、決して全部というわけではない。厚かましい企業だけがそんなことをやっておる。
 御手洗氏などは、「請負法制に無理がありすぎる」「これをぜひもう一度見直してほしい」などと法律のほうを悪者にしていらっしゃる。
 こういう悪辣なことと、ご立派な提言をなさる、この異常な格差についてはですよ、私らのようなアホな人間は悩むので御座います。この人の言うことを信じていいのやらどうかですね。
 ところでこの御手洗というお名前はどう読むのでっしゃろかね?「おてあらい」なるほど・・・なるほど・・・ちょと私し小便したくなりましたんで今日はこのぐらいで。おおきに。さいなら。
 

0 Comments:

Post a Comment

<< Home