Wednesday, January 10, 2007

佐田、松岡に続いて伊吹も火ダルマ。

 去年の末のことではございませんでしたかね。佐田行革担当相が事務所経費の付け替えで「不適切な会計処理」をして閣僚を辞任なさった。
 今年が始まったばかりというのに伊吹文部科学相も同じ不適切経理で槍玉にあげられましたですね。この問題はたんに道義的問題なのですかね。法的な処罰はないのですかね。素人の私には分かりませんがこういうこと大勢の議員さんがやってはるのでしょうね。「秘書問題」と同じように悪しき慣行となっているのではないでしょうか。
 事務所経費ということにしますと使途の明細を報告する必要もなく、領収書添付の義務もないということですから一体なんに使ったんやという問題が生じるはずなんですけれども。伊吹氏の場合4700万事務所費として計上し、うち1200万程度を議員などの会食費に充てたと説明しています。説明はしていますが、領収書もないのにどのように証明できるのでしょうかね。不思議なことで御座います。はっきりポケットに入っていたとしても驚くには当たらないということですかね。脱税かもしれませんね・・・そんなことはないと信じておりますがね・・・万一そんな人がいじめ問題で子供たちに語りかけておったことを思い出しますと、無残やねーと思ってしまいますね。子供たちもケッと思うに違いない。大人の世界に背を向けるというかですね、美しい日本をどのように信じたらいいのかね。こういう人が教育基本法を改正したと称して、国を愛せと強要する。恐ろしく転倒した世界だと思うのは私一人でありましょうか。
 松岡農水相はN・P・O問い合わせで100万円の政治資金記載漏れ問題と事務所費問題も浮上しダブルパンチで辞任必須でしょうね。
 佐田行革担当相が辞任したのであれば、松岡農水、伊吹文部科学両大臣も辞任することになるのでしょうね。政府税調会長の本間さんもスキャンダルで辞任してます。・・・政権が発足して4ヶ月にもならないのにこうなってくると「美しい国日本」を作るための人選がこれでっかと本気で問いたくなりますね。
 齧歯目宰相さんは悪い冗談で国民をからかってイラシャるのではないかと。これでご本人に万一スキャンダルで辞任ということになれば面白いのは面白いけれど、日本人としては脱力感・・・ですね。もう一回小泉さん呼び戻しますか?www

0 Comments:

Post a Comment

<< Home