Saturday, January 13, 2007

どこまで広がる事務所費問題

 只今問題になっております事務所費問題。佐田前行革大臣を別にいたしますと、伊吹文科大臣、松岡農水大臣、中川政調会長等は亀井派に属しておられたのですね。なるほど前回衆議院選挙でエライ目に合わされた亀井派の中でいち早く小泉に寝返り、安部政権誕生に奔走していい思いをしているこの人たちが狙われたという構図は分かりやすいですね。
 しかし政界の暗闘図は私等庶民にとってはドウでもいいことで、政治資金を不適切に使われている方は、私腹を肥やしているのに違いない。(庶民はそう考えますが間違ってますか)
 そんな方々はいち早く政治の世界から退場していただきたい、というのが私たちの願いなのであります。よい政治をするために不適切な政治資金の使い方をしているというような転倒したお言葉は要らないのであります。聞きたくないのであります。
 ですから大臣であれ、自民党代議士であれ、野党党首であれ誰であれ、とっとと政界から去りなさいというのが私たち庶民の願いであります。
 伊吹文部大臣は法的には問題がないことを縷縷説明しておられますが、「不適切といわれればそう認めざるをえない」とお認めになりました。あとどういう政治責任をお取りになるか、また任命責任者の齧歯目がどう処置なされるのか楽しみであります。
 ド厚かましいのは松岡大臣と、中川政調会長です。不適切な処理はしていない、間違いないというだけで何の説明もなしです。開き直りですか。佐田大臣は辞任した。伊吹は曲がりなりにも説明しとる。おまえ等二人が何で知らぬ存ぜぬを押しとうすことができるのですか。それほど大物とのご認識ですか。この二人は議員辞職にまで追い込まないと、いけません。そうなることを一市民として願っているわけですが、どうなるでしょう。楽しみでもあり不安でもあります。w

2 Comments:

Blogger めがね said...

体調は如何でしょうか。
少しづつ冬らしい季節になって寒さが厳しい事と思います。お身体にお気をつけください。

先生も相変わらず元気でした。近々にお会いしましょうとのことです。

5:03 AM  
Blogger sady555 said...

おおきに。老人にはやさしい言葉が一番ズラ。w

7:08 AM  

Post a Comment

<< Home